2012年04月25日

シロツメクサの花が咲いたら♪

犬の散歩の妙。

いつもちょっとめんどくさいな、と思う。
でも犬を喜ばせたくて、まあ行くかな、となる。
「お散歩行くよ」
と声をかけると、走り回って転げ回って喜ぶ。ヒーヒー言う時もある。

こないだは暑いくらいに暖かくて、いつもの川の土手沿いのコースは、湿った土と若草と春の陽気の匂いで、時々なんだかふっと花のいい匂いがしたような気がしたりして、幸せで、おかげさまでと申し訳ない気持ち。

オオイヌノフグリがいっぱいに咲いてる小さい空き地を通りがかって、一面水色の中に紫の草とたんぽぽの黄が混ざって、可愛らしくてきれい。

鳥の群れが草間をひょいひょいしてるのを、ごめんよ〜と通らしてもらって、かがんで菜の花の匂いをかぎ、
「菜の花だよ、なーのーはーな」
と犬に話しかけると、とことこっと寄って来て顔を舐められた。

世界は無垢だと思った。

空、陽、風、草、川、花、鳥、犬。
私を中心に見るなら、同心円上に見えるところまでぐるっと、
静かで温かで無垢だった。

泣けてきた。

犬に「走るか」と声をかけた途端、犬はちゃんと走り出す。
リードは長さを調節できるタイプなので、その時々で長さが違う。
犬は最初にダッと走って、リードがガッと張った瞬間スピードを落とし、あとはリードが張らない距離を保ちながら、だいたい2mくらい前を私の速度に合わせて走る。
スピードを上げても下げても、犬は私に合わせるから、2mの間隔は変わらない。

彼女はこの全部を、一切振り返りもせずにやる。

犬の賢さにまた涙が出そうになる。

生きているもののいじらしさを思う。
posted by see-co at 09:58| 日記 | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

梅のつぼみもふくらんで。

テレビでいっこく堂が出てるのをぼんやり見てて、何とはなしに真似してみたら、お!
ちょっとだけ、腹話術らしきものができました。
ば行、とか、ま行、とか、唇を使う音は難しくてできないけど、それ以外なら結構いけるかも。
嬉しくなっちゃったので、晩ごはんの時に披露しようと思いました。

「ねーねー見てて~♪」とわざわざ注意を向けて、ケータイ(スマホじゃないんで二つ折り)をパクパクさせながら、

「・・・・・・・。」

無言。
セリフを考えてなかった。
はぁぁ???って顔された。

あらためまして、気を取り直して、思いつくままに

「やぁこんにちは!ぼくの名前はケータイタロウ!洞窟に住んでいるんだ!」

と言ったら、家人がもんどりうって倒れました。


それから数日の間、晩ごはん時。

「はじめまして!ぼくの名前はシロエビタロウ!富山湾からやって来たんだ!」
「・・・・・。」

「ハァイ!コンニチハ!ワタシはギューニク・スライスとモウシマース!オーストラリアからキマシタ!」
「・・・・・はい、こんにちは・・・。」

「はっはっはー!お久しぶり!新じゃがの助だよっ!」
「・・・・・・・困ったなぁ。。。(つぶやき)」

困られてしまったのでターゲット変更(←ピンポイント爆撃)。
実家の犬にやってみることにしました。

顔を見合わせて座らせて、腹話術(もどき)で犬の名前を連呼。
しばらく左右に首をかしげながら不思議そうな顔で聞いていたのですが、突然、
「うわあぁぁぁぁぁっ!!!」と叫び声が聞こえそうな形相ではじかれたように跳び上がり、ペットサークルの中に一目散に逃げ込んで、出てこなくなってしまいました。
「おいで♪」って呼んでも、目かっぴらいたまま固まってる。

ので、しばらく放置してたら立ち直ったみたいだったので、もう一度やってみた。
そしたらまた「うわあぁぁぁぁぁっ!!!」って、今度は母のひざの上に駆け上がり、それからは不信感と警戒心まる出しで、横目でにらまれ続け、あげくすごい距離をおいて寝られる。(いつもはいそいそと抱っこされに来る)

何だよ。
これ以上やると本気で嫌われそうなので、犬もターゲットからはずしました。


スタジオ練習があったので、メンバーに「ライブのMCでやろっかな♪」って言ったら、
「やめてくれ!!」と瞬速却下。

もー、どーする?私のこの嬉しさのやり場。
。。。お花見か?(ニヤリ)
posted by see-co at 01:31| 日記 | 更新情報をチェックする