2013年05月04日

あの日あの時。

どこにも存在してない、私の中だけにしかないものがあって、
それをやりたい、と口にするとこから始まる。

だけど私は楽器も弾けなくて、楽譜も作れなくて、音楽用語も知らない。
だから「いちばん爆発する曲だから」だの「ねっとりして」だの、イメージをそのまま伝えようとする。
ひどい時には「もっとスリリングで危険な感じにしたい」だの「今はしとしとだけど、どしゃぶりじゃない程度にざあざあ降りで」だの言う。

具体的な音についても「ブレイクのあとでジャカジャカジャカーってあとにダッダンみたいなやつ」とか「アクセントだけで、そっからフルバージョンで」とかいう説明をする。
ひどい時には「もうちょっとスカートが揺れるリズムで」とか「ここでバラバラバラ~って音がほしい」なんて言う。

そうするとメンバーはみんな、「それじゃわかんねー」って言いながらも、
つきはなしたり放りなげたりしないで、「こういうこと?」とか「それは16じゃなくて8だね」とか、音楽的に分析したり、共有できるものに翻訳したり、実際に演奏してみせてくれたり、ちゃんとどうにか理解して何とかしようとしてくれる。
これがまず、ほんとにありがとうなところ。

そして、「それそれそれ!!」「そう、それだ!!」ってものが出てくる。

これは何だか、すごくすごい。魔法みたいだ。

私の中だけにしかなかったものが、
形にしてもらえて、現実に存在するようになって、共有される。

私にしてみれば、
「♪そーらを自由に飛ーびたーいな~」♪デレレレッテレ~(←ドラえもん)だ。

何かあれなの?
長く一緒にやってると、何か見えない神経ネットワークみたいのでもつながんの?かな??
いや、そーいうのキモイしすっげ嫌いなんだけど。
でも何かそんなん。
年齢も経験も好みの音楽も聴いてきた音楽も、丸かぶりなんてことはないのに。


音出してるだけで楽しかった頃。
今はもっと楽しいよ。
バンド楽しいよ。音楽楽しい。
こんな今のこと、
あの日の自分、あの時の自分には想像もつかなかったんだ。
posted by see-co at 06:51| 日記 | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

うたた寝ができる家。

ごまぼた餅の中にはあんこが入っているけど、
あんこぼた餅の中にはごまは入っていません。

好みとしては、もち米の味が楽しめないので、ごまはごまのみが良い。


母曰く、犬に「あっちむいてほい」を仕込みたいと。
「ムリだよ~、指差した方を向くことはできても、指とは別の方向見るなんて概念、わかんないよ」
って話したことを、家人に話したら。

「その前にじゃんけんできない。」
あっ!


流行りの超スキニーなストレッチジーンズ、男性用もCMしてたので、某人にすすめたところ、
「俺は肩幅あるから、そんなのはいたら、また便所マークに似てるって言われちゃうじゃん」
「あはは、ひどいね~便所マークって言われたことあんの(笑)」
「おまえにな」
「・・・・・」

そしてふと心に浮かんだ替え歌を歌う。
「♪ぼーくーが便所マークに似ているんじゃなーいー
 ♪便所マークがーぼくにー似ているんだー」

「どっちでもいいよ!」と怒られる。

元歌は「♪ぼくが人参を嫌いなんじゃない、人参が僕を嫌ってるんだ」という歌詞ですが、タイトルわかりません。


またまたCMで、酔って居眠りしてる女優さんの顔に落書きするやつを見て、
「なんか、このCM見るたびに、ああ女優さんになんてことを。。。ってびっくりするんだよねぇ」
って言ったら、
「俺にはやったけどね」
「・・・・・」

。。。やったわ。

寝てる顔に落書きした上、大笑いしながら写メまで撮った。
しかも油性ペンだったから落ちなくって、外出時間も迫り、焦りまくってベンジンで落としたらすっげーしみて、泣けた、とか。

そんなこともありました。
どうもすみませんでした。

その写真、今でも見たら大爆笑で、しあわせな気持ちになりましたが。

すみません・・・。ほんとに。

posted by see-co at 16:41| 日記 | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

あま酒は食事です。

そして、もずく酢は飲み物です。

「スタジオを出るときは息を止めましょう」
と貼り紙してあったので、何で?くさいの??とか思ってよくよく見たら、
「スタジオを出るときは音を止めましょう」だった。

どういうわけか、冬の間は冬眠モードというか、気がのらないぼんやりした状態なんだけど、
2月半ばの日差しの頃から、だんだんあったかくなるのとまったく正比例して、草木の芽吹くように少しずつ元気になってくる。
今はそわそわとやる気に満ちてる時で、ここから夏いっぱいが、本当に大好きだ。


某人から、猫が信号を守って横断歩道を渡るのを見た、という話を聞いた。
狭い上に見通しの悪いくねくねした道なんだけど、車の往来は激しくて、しかもみんなとばしてる。
そこの歩行者信号の下に、猫がじっとお座りしてたんだそう。
で、信号が変わって車が止まってから、ちゃんと横断歩道を渡ってったんだそう。
「最近の猫は賢い」という話に、半信半疑で笑ってた矢先。

深夜、広めの直線道路を車で走ってて、見通しが良いので結構先のほうに光るものを発見して、
「あー、ちょっと向こうに猫いるよ、飛び出してくるかもよ、気をつけて」
なんて話してたら、ちょうどその辺りで信号が赤になって止まった。
猫を見たら、歩行者信号の下でお座りしてた。
で、歩行者信号が青になるのと同時にすくって立って、トットットットッて横断歩道を渡っていきました。
最近の猫は、っていうか、街中の猫たち、信号の意味を理解したのか??すげーな。

って思ってた、また矢先。
週末の混み合う街のど真ん中、長野市人ならわかる昭和通りの長野大通り付近を車で走ってたら、前の車が急にキューって脇にそれたからびっくりして、「うわ、何!!?」って思ってたら、鳩。
鳩が道路の真ん中を。
歩いていた。
そのせいで車がみんなきょどっていた。
飛べよ、ばか!ってきっとみんな思ってたと思うの。


脱水が終わって洗濯機を開けたら、パンツ(ズボン)が長袖Tシャツに腕ひしぎ逆十字固めをきめていて、
おおう!ってなりました。
posted by see-co at 06:19| 日記 | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

みぞれ雪とホットチョコレート。

先週の火曜日に風邪を引いて寝込み、既に10日、まだ完治しません。。。

数年ぶりに相当ヘビーで、体重がっくり落ちて、体力もがっくり落ちて、
だいぶ衰弱していますが、明日は白馬でライブ&お泊りです・・・大丈夫だろうか。
温泉入って、治るか、ぶり返すか。


バレンタインデーの特集見てたけど、もう『女性から男性へ愛の告白』ってパターンはどうでもよくなってて、
義理チョコだけじゃなく、友チョコ、逆チョコ、自分チョコと紹介されていた。
ので、『みんなでチョコレートを食べる日』ってことだね。
寒い時季の方がチョコ美味しいしね。
私も食べましたとも。


最近、どうもニベアが好きなんですが、これってノスタルジー?
もっと塗り心地の良いやつや、香水みたいに良い匂いのやつとか、いっぱい出てるけど、
でもニベア。
青い缶。
ミルクみたいな匂い。
ノスタルジー??

posted by see-co at 20:08| 日記 | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

人生は眠り目覚めて酔いしまにまに。

大学の時の友達3人に、数年ぶりに会えて嬉しかった。
久々に会っても誰も何も変わってないのに、それぞれ環境が変わっているのが不思議で、みんなががんばりやさんなことに、頭が下がる思い。

年末に、また胃カメラ呑んだ。
胃カメラの予約をして、前の日から食べちゃだめだけじゃなく、水も飲んじゃだめで、乾燥するこの季節にはちょっとつらかった。
前はそんなのなくって、行ったその場ですぐ呑めたのに。。。呑みたいわけじゃ、もちろんないけど。

犬がすねるようになった。
はしゃいで飛びついてきたけど、年賀状書いてて相手にしてやれなくてほっといて、「終わったよ~♪おいで~♪」って言っても、背中向けて座ったまま、知らんぷり。
背中越しにこっちをちらちら見ては、ふーん、ってまたそっぽ向く。
すねる、なんてそんな高等な感情あるかしら、と思ってちょっと調べたら、あるんだねやっぱり。
「私がかまってほしい時にはほったらかしたくせに、自分の都合で呼んだって知らないんだから」とでも言いたげな目つきと態度。賢いんだねえ。

駐車場で向かいに止まってた車に、いっぱいぬいぐるみやら積んでるのが見えて、ふと
「あれ全部、夜になると動くよ」って言ったら、
「そんなこと言われて、どう返したらいいの?」と困惑される。
反応に困るようなことを言わないように、と静かな抗議を受けましたが、ごもっとも。

年に数回来る物欲の波、あれは何なんだろう。
物のお世話に明け暮れる日々なんて、考えただけでうんざりなんだけど。
でも夏頃に、もしかしたら乳がんかも、と検査に行ったときには、
「あれはまだ一回しか着てないし、あれだって心ゆくまで使ってない、ああこんなんでまだ死ぬわけには・・・」と、生への執着には役立ちました。

一方で、長年のヘビーユーズの末、ぼろぼろになってしまったバッグとスニーカーをとうとう捨てる。
このへんが寿命だな、というところから更にもうひと息もふた息も使ったので、心残りなし。
ありがとうね、と心を込めて捨てることができた。
時々、若気の知恵不足と勢いで豪快に捨ててしまった、ちっとも傷んでなかったあれやこれ、今なら存分に日のめを見せてやれるあれやこれ、思い出すも未練が。
特にむかしの物って、メイドインジャパンだったから、ホントに質が良かった。
好みというのも、いくら年をとっても変わらないもの、とわかってからは余計に。未練未練。

最近特に美味しかったものは、クリスマスのチョコレートケーキと、お正月恒例のあん肝。
舌鼓をうつ、って例えじゃなくて、そのまんまのことで、あんまり美味しいと、つい舌を鳴らしてしまうものなんだね、ホントに。
あと、美味しさのあまり踊りも踊ってしまうんだけど、外ではやらないように気をつけてる。

家人、インフルエンザに倒れる。
が、私は、ひんぱんに手洗いとうがい、部屋の換気、ビタミンCのサプリを飲み続け、加湿器の前に陣取り、家人と距離をおくことで、ぎりぎりの攻防の末、ヤバイところを持ちこたえなんとか無事。
でも、何日も寝室で寝れなくて、しんどいよ(泣;)

前々から聴きたかったCD、まとめ借りした。

心が動くような夢をいろいろ見て、目覚めるたびに、余韻の中気持ちが揺さぶられた。
切なさも喜び、良いもんだ。

あとはなんかあったかなー。
思い出すままに書いてみたけど。
また追加で思い出したら、その時に。
posted by see-co at 07:26| 日記 | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

上からは見えて下からは見えないもの。

甘いお酒はジュースみたいで好きじゃなくって、食事に合って&ぐいぐい飲めるようなお酒ばっかり好んでましたが、
最近何だか、ちびちび飲むカクテルにも気持ちがそそられ、週末はおうちカクテル(←自分でテキトーに好きなように作る)を楽しみにしています。

「初物のりんごをボジョレーに入れて、特製カクテル『ボジョリンゴ♪』」

などと浮かれてボジョレーを飲み(りんごは結局入れなかった)、楽しくなってきてカクテルタイム。
しかし、すでにほろ酔いだったので気が大きくなってて、マティーニを焼酎用マグになみなみと作って、ぐいぐい飲む、というカクテルにあるまじき飲み方をし、
喉渇くな~と思って、マティーニにジンジャーエールを注いでがぶがぶ飲む、という更にカクテルを楽しむ本意から外れた飲み方をし、
エアロスミスやガンズのCDをかけて歌って踊って、ライブビデオやミュージックビデオをどんどん観てしゃべって笑ってノッて、楽しくって嬉しくって、
気付いたらもう朝の8時か9時くらいで、気付いたらそのまま寝てて、も一度気付いたらひどい二日酔いでした。。。

こんなひどい二日酔いは数年ぶりで、何日も経ったのに今思い出しても、めまいがして胃がむかむかする~。
その前から体調悪かったくせにそんな飲み方したもんだから、小指の爪くらいの血の塊もいくつか吐いたし、すっかり胃が荒れたらしく、1週間まともにご飯が食べられず、コーヒーどころかお茶も飲めず、離乳食みたいなものと極うすのカルピスと湯冷まし、それと胃の粘膜補修の薬で過ごしました。

数え切れない過去の二日酔いの度の、数え切れないほどの「もうやらない!」という決心や宣言、なかったことにしたい後悔の数々は、何だったのか。
いつも本当に心底、これを最後に一生二日酔いはしない!、って思ってるのにねぇ。
キャッチフレーズは『暴飲暴食の鬼』かねぇ。
でも、今度こそ、もう二度と二日酔いはしないよ!


ところで、ボジョレーの数日前、夏の残りのガリガリくんを、すっかり寒いのでヒーターのまん前で食べたら、当たった。
当たり棒をキレイに洗って、スタジオがあったので持っていって、メンバーに見せて自慢して、帰りにコンビニで「当たったのでください♪」って言って、もらって帰ってきた。

その夜、たまたま見てたドラマの中で、
「大人なのに、アイスが当たった場合どうするか。わざわざ当たり棒を持っていくのはとても恥ずかしいし勇気がいる。でもあっさり捨てるのも、決してアイス代が惜しいわけじゃなく、残念な気がする」
と葛藤するシーンがあってびっくり。
しかも、主人公は大学生だった。私はそれよりもっと相当な大人だ。

でも私、葛藤も恥ずかしさも勇気も、何もなかったよ?

そういえば、コンビニに付き合わされたギタリストは、
「本当にもらう気?!」とか「コンビニでもらえんの??!」とか言ってた気がする(気にしてなかったから、聞いてなかった)。
もらった後喜んでたら、「大人なのに、堂々ともらった。新しい・・・」ってつぶやいてた気がする(気にしてなかったから、聞いてなかった)。

ドラマの中では、勇気をふりしぼってアイスをもらった女子大生は、「またひとつ高みに昇った」って言ってたから、私も昇った。

ちなみに、年とともに恥ずかしさが薄れたんじゃないよ、子供のころから今日まで恥ずかしくないから。
でもしかし、それこそがいけないのではなかったか。。。??
posted by see-co at 18:30| 日記 | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

入道雲見ました。ピクルス作りました。

サンダル崩壊劇。
昨夏の花火大会でのことですけど。
どんな服装でも合わせやすくて、大事に履いてたお気に入りの濃茶の。

①数本ある甲のストラップの一部が取れる。→「あっ」…(でも修理すれば何とかなりそう)
②残りのストラップも殆ど取れる。→「ああっ」…(何とか修理できるかしら。何とか、何とか)
③(歩きづらいな~何か変な感覚)「あーっ」…ソールが外れて裏返しになって引きずってる。残りストラップ1本とインソールのみ。→(こんなん修理ってレベルじゃねぇ。廃棄だ廃棄)

アニメ(ルパンとか)で走りながら車がどんどん壊れて、ネジ飛んでってドア飛んでって屋根飛んでって、最後にハンドルとシートだけで走ってくシーンが思い浮かびました。


レバ刺禁止令発布直前、いてもたってもいられなくなり、無理強いしてまで予定を組んでもらい、いそいそとお出かけしましたが、そういう人々で溢れかえる焼肉屋。
店員さんがあっさり売り切れたなんて言うもんだから、頭の中がまっしろ、をまじに体験しました。
一応他のものを注文したものの、何頼んだか記憶がないほど。
ですが、結局、神様のはからい、のようなラッキーがありまして、レバ刺し、食べれました。
レバ刺し出されたとき、ダウン⇒アップ効果でちょっと涙出そうになりました。これもまじ。
お誕生日焼肉だったから、なんか、ホント良かった。


ペットショップの白いオウム。
話しかけてたら、かごの下に敷いてある千切った新聞紙をくわえて持ってきて、隙間から押し出して私にくれた。
「まぁ、くれるの?ありがとう。」と喜んで受け取ると、
次から次へと新聞の切れ端を持ってきては、私にくれる。
青色の広告のとこがあったので、「青いとこくれるの?きれいね~、ありがとう。」と言ったら、
青いとこをわざわざ探し出しては、何度もくれる。
ほかの鳥を見ててよそ見してたら、「#$%&」って何か呼ばれた。
たまたまかな?と思って、よそ見するとまた呼ばれる。で、青いとこくれる。
よそ見する→「#$%&」→新聞くれる→「ありがとう。」のループ。

こんなふうに通じ合ってしまうと、ペットショップを出るのが、何だか置き去りにするみたいに感じられて、少し胸が痛む。
だって、かごの前離れたら「#$%&」って呼ばれたけど戻らなかったら、かごの端まで寄って身じろぎもせずにこっち見てるんだもん。ずっと見てる。
連れて帰ってやりたい衝動にかられるけど、猫くらいの大きいオウムなので、とても我が家では面倒みてあげられない。ごめんねごめんね、と心の中で謝りながら、泣きそうな思い。

想う相手には自分の持っているものを分け与えたくなるし、
可愛がるってことは、喜ばせたい、ってことと同じだ。
オウムは私を、私はオウムを、喜ばせたかったの。

どんな関係も、意思ではなく自然に終わる時まで、喜ばせ続けられたら嬉しいのに。
posted by see-co at 13:02| 日記 | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

シロツメクサの花が咲いたら♪

犬の散歩の妙。

いつもちょっとめんどくさいな、と思う。
でも犬を喜ばせたくて、まあ行くかな、となる。
「お散歩行くよ」
と声をかけると、走り回って転げ回って喜ぶ。ヒーヒー言う時もある。

こないだは暑いくらいに暖かくて、いつもの川の土手沿いのコースは、湿った土と若草と春の陽気の匂いで、時々なんだかふっと花のいい匂いがしたような気がしたりして、幸せで、おかげさまでと申し訳ない気持ち。

オオイヌノフグリがいっぱいに咲いてる小さい空き地を通りがかって、一面水色の中に紫の草とたんぽぽの黄が混ざって、可愛らしくてきれい。

鳥の群れが草間をひょいひょいしてるのを、ごめんよ〜と通らしてもらって、かがんで菜の花の匂いをかぎ、
「菜の花だよ、なーのーはーな」
と犬に話しかけると、とことこっと寄って来て顔を舐められた。

世界は無垢だと思った。

空、陽、風、草、川、花、鳥、犬。
私を中心に見るなら、同心円上に見えるところまでぐるっと、
静かで温かで無垢だった。

泣けてきた。

犬に「走るか」と声をかけた途端、犬はちゃんと走り出す。
リードは長さを調節できるタイプなので、その時々で長さが違う。
犬は最初にダッと走って、リードがガッと張った瞬間スピードを落とし、あとはリードが張らない距離を保ちながら、だいたい2mくらい前を私の速度に合わせて走る。
スピードを上げても下げても、犬は私に合わせるから、2mの間隔は変わらない。

彼女はこの全部を、一切振り返りもせずにやる。

犬の賢さにまた涙が出そうになる。

生きているもののいじらしさを思う。
posted by see-co at 09:58| 日記 | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

梅のつぼみもふくらんで。

テレビでいっこく堂が出てるのをぼんやり見てて、何とはなしに真似してみたら、お!
ちょっとだけ、腹話術らしきものができました。
ば行、とか、ま行、とか、唇を使う音は難しくてできないけど、それ以外なら結構いけるかも。
嬉しくなっちゃったので、晩ごはんの時に披露しようと思いました。

「ねーねー見てて~♪」とわざわざ注意を向けて、ケータイ(スマホじゃないんで二つ折り)をパクパクさせながら、

「・・・・・・・。」

無言。
セリフを考えてなかった。
はぁぁ???って顔された。

あらためまして、気を取り直して、思いつくままに

「やぁこんにちは!ぼくの名前はケータイタロウ!洞窟に住んでいるんだ!」

と言ったら、家人がもんどりうって倒れました。


それから数日の間、晩ごはん時。

「はじめまして!ぼくの名前はシロエビタロウ!富山湾からやって来たんだ!」
「・・・・・。」

「ハァイ!コンニチハ!ワタシはギューニク・スライスとモウシマース!オーストラリアからキマシタ!」
「・・・・・はい、こんにちは・・・。」

「はっはっはー!お久しぶり!新じゃがの助だよっ!」
「・・・・・・・困ったなぁ。。。(つぶやき)」

困られてしまったのでターゲット変更(←ピンポイント爆撃)。
実家の犬にやってみることにしました。

顔を見合わせて座らせて、腹話術(もどき)で犬の名前を連呼。
しばらく左右に首をかしげながら不思議そうな顔で聞いていたのですが、突然、
「うわあぁぁぁぁぁっ!!!」と叫び声が聞こえそうな形相ではじかれたように跳び上がり、ペットサークルの中に一目散に逃げ込んで、出てこなくなってしまいました。
「おいで♪」って呼んでも、目かっぴらいたまま固まってる。

ので、しばらく放置してたら立ち直ったみたいだったので、もう一度やってみた。
そしたらまた「うわあぁぁぁぁぁっ!!!」って、今度は母のひざの上に駆け上がり、それからは不信感と警戒心まる出しで、横目でにらまれ続け、あげくすごい距離をおいて寝られる。(いつもはいそいそと抱っこされに来る)

何だよ。
これ以上やると本気で嫌われそうなので、犬もターゲットからはずしました。


スタジオ練習があったので、メンバーに「ライブのMCでやろっかな♪」って言ったら、
「やめてくれ!!」と瞬速却下。

もー、どーする?私のこの嬉しさのやり場。
。。。お花見か?(ニヤリ)
posted by see-co at 01:31| 日記 | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

偏頭痛にはコーヒーを。

年末年始は、なかなかもう、それらしく過ごせました。
私主導では、こんな年越し~お正月は人生初かも。
買出しなどに連れてってくれた母と、数年ぶりのまとまったお休みのおかげです。
ありがたいことです。

年内のうちに年賀状を出し、掃除をし、お飾りをし、年越しそばを食べ。
元旦には神さまにお神酒とお米とお水をお供えしてお祈りし、お屠蘇とお雑煮とお節を食べ。
身内で集まって飲めや歌えや。
三が日中は、お刺身に蟹にあん肝にすき焼きなど、贅沢に涙しながらお笑い番組など見て笑いながら家人と話しながら、日本酒を飲み。

しかーし、自分のキャパを超えてやり過ぎて疲れ、初詣には行きそびれ。ました。
桜が咲く頃、行こうかな。。。

でも、こんなふうに、あるべき姿勢で行事を迎え、その日を過ごす、というのは気持ちの良いものね。
【清々しい】
こういう気持ちを味わうために、行事とそれにまつわるしきたりなんかはあるのね。
そしてこういう気持ちになることが、穢れをはらうとか、禊ぎをする、ってことにつながるんじゃないかしらね。
と、思いました。まる。
posted by see-co at 19:48| 日記 | 更新情報をチェックする